お知らせ内容

介護老人保健施設で働く【介護スタッフの仕事内容】

 

介護老人保健施設(老健)と他施設の違いは何?など、疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
そんな方々へ向けて、今回は、老健に勤める介護職員の仕事内容や一日のスケジュールについてご紹介します。

介護職に興味がある方、老健での勤務経験がないという方、ぜひ就職・転職の参考にしてみてください!

↓施設ごとの違いなどを簡単にご紹介しています ↓
介護施設の種類・施設ごとの特徴と魅力

 

 

〇介護老人保健施設での仕事内容

介護老人保健施設は、介護を必要とする高齢者が自宅生活に戻れるよう、医療ケアとリハビリテーションを中心にサービス提供を行う施設です
原則65歳以上の方で「要介護1」以上の高齢者が、原則3~6ヶ月の短期間一時的に入居します。

医療体制が整備されており医師や看護師も常駐していること、在宅復帰が目的なので介護の負担が比較的少ないことが特徴です。
※医師が不在のケースもあります。

↓「要介護認定」についてはこちらのコラムにてご紹介しています!↓
初めての介護職③~覚えておきたい介護の用語「要介護認定」~

医療ケアやリハビリに携わりたい方、手厚いサポートがしたい方に向いている施設です!
就職や転職を考えているのであれば、事前に老健での仕事内容をしっかり把握しておきましょう。

 

●介護スタッフの仕事内容

ご入所者さんの身の回りのお世話や介助が中心です。
医師やリハビリ専門職と連携を図りながらサポートしていきます。

【身体介助】
おもに食事介助・入浴介助・排泄介助・歩行補助。
ベッドから車いすへの移乗、着替えや整容などのサポートを行います。
施設内移動時やお散歩時の見守り、通院同行など対応することがあります。

【リハビリ介助・レクリエーション】
ケアプランに基づき身体機能回復のためのトレーニングや運動、レクリエーションを実施。
リハビリ専門職スタッフがメインとなり対応し、介護士はサポートを行います。

 

●勤務時間とシフト

施設によって勤務時間・シフトが異なります。

【勤務時間の例】
早番   7:00~16:00 (8時間勤務、1時間休憩)
日勤   9:00~18:00 (8時間勤務、1時間休憩)
遅番 10:00~19:00 (8時間勤務、1時間休憩)
夜勤 17:00~翌11:00(16時間勤務、2時間休憩)

◆2交替制
勤務時間が長い分、1週間あたりの休日数が増えるように調整されています。
◆3交替制
長時間の勤務が不安な方におすすめです。ライフスタイルに合わせてシフトを調整してもらえる場合も。
◆4交替制
他の時間帯のスタッフと協力して業務を進められます。シフトを融通してもらえる可能性も高いです。

 

〇一日のスケジュール

一日のスケジュール 例

06:00
起床・着替え・洗面・トイレ誘導
07:00
朝食の配膳・食事介助
08:00
体操
09:00
入浴介助
10:00
リハビリ
12:00
昼食の配膳・食事介助
13:00
休憩
14:00
レクリエーション
15:00
おやつタイム
16:00
リハビリ
18:00
夕食の配膳・食事介助
21:00
就寝介助・消灯
22:00~5:00
見回り・介護記録作成
05:30
起床準備

その他、定期的にトイレ誘導・排泄介助、1時間おきに巡回を行います。
朝・昼・晩の食事の際には、服薬や口腔ケアも欠かせません。

※上記は一例です。必ずしも上記のスケジュール・業務内容とは限りません。

今回は、介護老人保健施設での介護職員の仕事内容や働き方を簡単にご紹介しました。

自分の理想に合った職場を効率よく見つけたいという方は、ぜひヒロキャリアスタッフへお気軽にご相談ください!

 

 

~ ケアスタッフサービスでは、様々な求人を多数ご用意しています ~
まずは、お気軽にご相談ください。

どんなお悩みにも各エリアの担当者が親身になってお答えします!
資格取得支援制度もございます!詳しくはお問い合わせ下さい。

転職サポート無料登録はコチラ!

 

↓↓「特養編」はこちら ↓↓

 

↓↓ 資格は持っていないけど、介護職へ挑戦したいとお考えの方必見 ↓↓

その他疑問点等フリーダイヤルにてお問合せください!

0120-070-775
受付:平日9:00~18:00